2007年11月01日

米TVからドラマが消える?

米TVからドラマが消える?=脚本家組合、スト突入か

さすがにアメリカですね。脚本家組合ですか。

そういえば、韓国では2年くらい前に、声優さんの組合がストをしたとかしなかったとかいうニュースをみたことがありましたね。

ストがあっても再放送ドラマすればいいですから、そんなに心配いらないでしょうね。

時事通信です。

米脚本家組合と映画・テレビ業界団体「AMPTP」は労使交渉期限の31日、脚本家の報酬や労働条件を規定する契約書(期間3年)の更新を目指し大詰め折衝を行ったが、決裂した。
組合が大規模ストに踏み切れば、映画やテレビドラマの脚本が不足するなど、ハリウッド全体に大混乱が生じる恐れがある。
脚本家組合は今回、手掛けた作品がDVD販売やネット配信される際の報酬アップを要求したが、AMPTPは受け入れを拒絶。
スト権は確立済みで、組合は近く組合に所属する1万人以上の脚本家を招集し、スト決行の是非を最終的に諮る。 

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20071101-00000104-jij-int
posted by ケンピース at 17:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/63924168

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。